Photo : Mari Tamehiro

語り芝居「鰍沢」 お客様の感想

2017年1月28日(土)〜31日(火)
於:吉祥寺・創作中華酒房「幸宴」
上演時間:約80分 / 回答率:53%

Twitterより

 昨日は、石野竜三さんの語り芝居「鰍沢」を観に行きました。三役を演じられていたのですが、声だけでなく仕草まで全てがそれぞれ別人の姿で、間断なく人の入れ替わっていく様は本当に面白かったです。ストーリー、オチもとても楽しく、90分があっという間でした! ぜひまた観たい……!

Twitterより

 石野竜三さんの語り芝居「鰍沢」を観劇しました💙 劇中の奥様くまさんの仕草や丁寧な言葉遣いが女性らしくてドキドキ💜 色気があった! 無言の時、表情から戸惑いの感情が伝わるの…!! 主人公の男性や旦那との切り替わりのキレが凄い('ω') …あと…旦那が本当に兄貴で…好きでした…

Twitterより

 語り芝居初めてでしたが情景が見えるような語り口で世界に引き込まれました。すごく楽しかったので次も予定を合わせて観劇に行きたいと思っております。楽しい時間をありがとうございました。次回作楽しみにしております。

Twitterより

 今日は石野さんの語り芝居観に行ってきたよ! 劇中はほんと別人格。本当に寒そうで、辛そうで、痛そうで、驚いて感じが伝わってくる。言葉を発さずとも表情で分かる。途中で女の人が出てきたんだけど、顔つき、仕草、雰囲気がガラって変わるの凄いなぁって思いながら見てた!(笑) 男の人は2人出てきたんだけど、もちろん人物が違うから仕草も、口調も、態度も当然、違うじゃん? それで、途中目を閉じて聞いてみたらさ、分かるんよ! 演じてるのは同じ人なのに、今話してる人物は違うって! やっぱ1番は声のトーンの違いかな…さすが声優さんって思ったよね(笑) 舞台やってる人や、役者さんとか、声優さん目指してる人は機会があれば1回は観に行ってほしい。人ってこんなに体一つでこんなにも表現できるんだよって!知ってほしいなって思いました。

Twitterより

 石野竜三語り芝居「鰍沢」@吉祥寺幸宴を見てきました。毎度美味しい食事と程良い公演時間。ミステリーの疑問は、聞いた瞬間は分からないのだが、あとから考えると、あーこうだったからなのかなと正解のないひとりごち。

Twitterより

 石野竜三さんの語り芝居「鰍沢」を観てきました! 点心付き! 楽しかった&美味しかった! 人物たちの環境が本当に目の前にあるかのようで…臨場感すごかった。店内快適気温だったのに一緒に寒いような気になった。相変わらずひき込まれる語り口で自然に集中して観られて楽しめました! おもしろかった!

Twitterより

 石野さん一人語り聴いてきました!! 今回お話の鰍沢。自分がすごいと思ったのは、声や少しの体の動きでこんなにも話にのめり込むことができるんだなあと思いました。特にあの卵酒を飲むシーンでは、ほんとに卵酒がそこにあってそれを飲んでいるような感覚がしました そして旅人を演じていたときの石野さんの演技、元吉原の花魁のお熊さんに見惚れる演技や銃を持ったお熊さんから逃げる演技など、とても自分がその物語を間近で見ているような…って言い過ぎかな? でも、それくらい自分にとっては見応えのあるお芝居でした! サインももらってとても嬉しかった! もちろん紫(*´ω`*)

Twitterより

 舞台に石野さんお一人とは思えないくらいの臨場感でした! 点心も美味しかったですよ!

Twitterより

 声優、石野竜三さんの語り芝居「鰍沢」、今回も面白かった! 古典落語という、ある意味、中身なくて不条理極まりない話wを、ハートフルでホラーでミステリーでサスペンスでアドベンチャーに仕立て上げるという新機軸エンターテイメントが素晴らしい! 物販でイカす手拭いと風呂敷ゲット♪

Twitterより

 幸宴で公演した石野竜三語り芝居プロジェクト今回の 鰍沢 は落語だと話が結構スカスカで20~30分の話なんですが、石野さんの脚本の妙で一本筋が入った素晴らしいお話になってました数年前から私の中では五飛役の石野竜三から語り芝居役者石野竜三でのイメージが上回る位楽しんでます♪

Twitterより

 男女の切り替わり(顔や声だけでなく、手の表情まで変わるのがすごかったです)、意表を突く急展開、手に汗握る雪山活劇などが続き、いつも以上に引き込まれノンストップで楽しかったです(^0^)(火縄銃の音作りにも驚きました)

Twitterより

 石野アニキの語り芝居に行ってきました(*´∇`*)やっぱり笑いありの楽しい時間、最後はどうなったのか色々想像ができました。今年もたくさん行けるといいな(v_v)

Twitterより

 石野竜三さんの語り芝居、素晴らし過ぎて今まで知らなかったのをとても後悔orz 演じ分けが流石で、人物がフッと切り替わるシーンに鳥肌立つことが何度も。そこに無いものをいかにも在るかのようにする表現力に物語の中に入り込んで登場人物のやりとりを見ているかのような臨場感を覚え、笑えたり悲しかったり、演じる事の素晴らしさ、石野竜三さんという役者さんの凄さを再確認させて貰えた本当に楽しく感動にあふれる語り芝居でした。

Twitterより

 声優・石野竜三さんの語り芝居「鰍沢」二日目、中華料理店幸宴さんの“闇の中に浮かぶ芝居小屋風異世界”に行ってきた♪ 外の車の喧騒も聞こえるはずなのに、甲州の雪山とあばら屋の囲炉裏端にいる気しかしなかった。蓑から払い落される雪が見え、そだを折る音が聞こえる気がした。

Twitterより

 石野さんの語り毎回素敵すぎるんだよなあ、、、次回も絶対行きたいんだよなあ

Twitterより

 石野竜三さんの語り芝居「鰍沢」を中華料理店幸宴さんに観に、いやっ、聴きに行ってきました! 個人でこういった活動されてるって素晴らしいなぁ〜 鰍沢って地元富士川の上流なんだねぇw また噺家さんの鰍沢も聴きたくなりましたっ! 素敵な時間をありがとうございました!

Twitterより

 今日は石野竜三さんの語り芝居に行ってきました! いろいろなタッチで演じられていて本当に面白かった(*^o^*) 今回の限定コラボメニューも美味しくいただいてきました

Twitterより

 石野竜三さんの一人語り「鰍沢」観てきました。面白かった素敵だった。おひとりで演じてるとは思えないくらいに人物が、情景が鮮明に見えてくる。ちょっとサスペンスっぽいって事前の宣伝で聞いていたけど、いい意味で裏切られた。ドキドキよりニヤニヤだった。ヒヤヒヤはしたが笑った。次も楽しみ。

Twitterより

 石野竜三さんの【鰍沢】行ってきました! 今回もハラハラドキドキさせて頂きました! 落語では無くお芝居として演じるために、今回の脚本は人物の動機など、色々苦労されたそう。ですが、元からそんな細かな所まで作られていたのでは?と思う脚本でした。楽しい時間をありがとうございます!

Twitterより

 昨日は2回目の石野竜三のアニキの語り芝居「鰍沢」を観に行ってきました!(^▽^) 楽しかったです!! 石野のアニキの演技はわかりやすく面白くて本当に好きです(∩´﹏`∩) 2回もサインして下さりありがとうございました🙇🙇

Twitterより

 石野竜三 第19回公演・語り芝居「鰍沢」を観てきました。落語とお芝居が一度に味わえる感じが新鮮で楽しかったし、石野さんの語り口が雰囲気出てて、さすがは声優さん!って感じw

1/28のアンケートより

 昨年より中部・関西で落語をよく見ております。一人で数名を使い分けるのはその道何十年の方でもかなり難しく、時折人物の感情の紐が絡まってしまうことがあるとの話を聞いて(柳家小さん様)おります。本日の石野さんは流石でした。一番奥におりましたが、感情の波がバンバン伝わってきました。次回の公演も必ず参りたいと思います。 竹澤順貴

1/28のアンケートより

 どんな展開になるのか、どきどきしながら聞き見ていました。元・おいらん、きりもち、酒・・・”やばッ”そうな道具というかしかけが登場するたびに”ハラハラ”度が増していきました。鰍沢の話を知らない、予習をせず、真っ白な状態で聞いておりました。元・おいらんだって、ほんとに好きな男でもないと思える男と、貧乏暮らしなんて本意じゃないんだろうなぁと思いつつ旅人とおいらんの会話を聞いていましたが、毒を飲んだダンナに、まぁ大変!と真剣にどうしようという表情が出たときには「え?」と意外に思いました。私としては男性2人を殺して、お金をもって上方で別人として生きる、と想像していたので。なので、段々亭主に現実をつきつけていく場面のリアルさ、元・おいらんのクールな物言いが、とてもいいなと気に入りました。旅人が、かろうじて一命をとちとめたことはほっとしました。やっぱり人前でお金をひけらかすのはいけないですね。どんな結末が来るのだろうとわくわくしていました、が、”おざいもく”のオチで、ぽんッと体の力が抜けて、いい感じでした。ハラハラドキドキのcool downというかんじ、とでも。頑張って時間をやりくりして、次もまた伺いたいと思います。これからもどうぞ宜しくお願い致します。 高山みな子

1/28のアンケートより

 いつもとタッチの違う演目で、楽しめるかが心配でしたが「いつも通り」楽しく聴かせていただきました! 毎回異なる人物描写、人間模様の多彩さも楽しみの一つです。次回も予定をあわせてうかがいたいと思います。

1/28のアンケートより

 臨場感たっぷりの演じ方で楽しかったです!

1/28のアンケートより

 おくまと主人のやりとりが最高でした!

1/28のアンケートより

 友人が誕生日プレゼントに、この公演に連れてきてくれました。サスペンス調のお話ですごく面白かったです。妙にうっとおしい旅人と、あまり悪人っぽくない夫婦がテンプレっぽくなくて面白かったです。3人のキャラクターの個性付けがいいなと思いました。あと玉子酒飲むシーンがすごく美味しそうでした。この旅人、放っといたら江戸帰っていらんこと話しそう感すごいわ〜、やっぱ下心の一つもあったんかな〜と色々想像しながら見ていました。

1/28のアンケートより

 落語ともまた違っておもしろく、スピード、溢度を感じられました。また次回楽しみにしております。「若ダンナ」とかどうでしょう。

1/28のアンケートより

 前回は泣ける話だったので、今回はまた違った話でおもしろかったです。石野さんの演技力がすばらしいと思いました。これからも応援しています。頑張って下さい。

1/28のアンケートより

 前回お伺いした時同様引き込まれました。情景が思い浮かぶようでした。

1/29のアンケートより

 前半のしっとりした感じから一変逃走劇が面白かった。

1/29のアンケートより

 夢中で聞き入ってしまいました。毎度のことながら、ほんとすばらしいです。卵酒ほんとおいしそうな?呑み方でした(^^) 次回も楽しみにしてます。ところで亭主はその後どうなったのか。やっぱり死んじゃったのかな~。

1/29のアンケートより

 ”語り芝居”というものは初めて拝見しましたが、自分の中では落語に近い表現方法なのかなと感じました。とは言え落語も全く見ないのですが”語り芝居”はとても楽しめました。特に竜三さんのお声がこういった演目にとてもマッチするのかな~と思います。お芝居の時代が現代であってもおもしろいのかなと思いました。次回も頑張って下さい。

1/29のアンケートより

 こごえてる姿が本当に寒そうで、本当に雪の中にいるかのような錯覚をおぼえました。導入から芝居にうつっていく流れが入り込みやすくて自然に楽しむことが出来ました。また次も来ます。ありがとうございました!

1/29のアンケートより

 同じ鰍沢でも、落語とは全く異なる世界観にひきこまれました。

1/29のアンケートより

 最初のあたりはしんみりと、最後に向かっては物凄い勢いで進んでいて、音響もあってとても見応えのある芝居でした。次はまたどんな演出を繰り出しながら展開していくのか、とても楽しみにしています。 ハルカ

1/29のアンケートより

 今までとは違うスピード感があって新鮮でした。次回も参ります。

1/29のアンケートより

 照明の効果があいまって、寒さやあたたかさが目を通して伝わって来るようでした。お熊さんが二両をもらった時、なんとなくもっとほしそうな雰囲気がにじみ出ていて、後から、ああ、やっぱりか!と思わされました。

1/29のアンケートより

 昨年のジャズパーティでこちらの語り芝居をご紹介いただき、初めて伺わせていただきました。軽妙な語り口と豊かな表情、とても楽しく観させていただきました。今回は珍しく登場人物が少ないとのことでしたので、ある意味貴重な体験ができたと思っております。次回もまた観に来させていただきたいと思っております。

1/29のアンケートより

 石野さんの公演、毎回楽しんでいます。今回も、話の情景がイメージできて、聴いていて、話のテンポの良さに引き込まれました。次回も期待しています。

1/29のアンケートより

 落語よりも演劇的でパントマイムとかあってわかりやすかったです。

1/29のアンケートより

 (実は、いつもメールマガジンの予備情報は公演後にまとめて見ることにしています。公演前に頭を白紙の状態にしておいて、話の展開がどうなるどうなる?と思いながら、語りや表情、手の演技にも注目しつつ、語りを「体験」するのがすごく楽しいです。)今回は、今までの落語話と違って本当に全く知らない話だったので、今までで一番どきどきしながら&笑いながら、語りの世界に没入できました。石野さんと一緒に、完全に甲州の雪山や囲炉裏端にいる気になっていました。人情話と思いきや、ブラックユーモアという意表な展開にもびっくりしました!

1/29のアンケートより

 登場人物が少なく、主に話しているのは1人という、今まであまりなかった構成がまた簡潔で分かり易く面白かったです。酒を飲む仕草の違いが顕著ですごくよかったです。短い時間でぐっと話にひきこまれました。

1/29のアンケートより

 最後のたたみかけが面白く、非常に引き込まれて良かったです!!

1/29のアンケートより

 食べながら公演を観られるというのは面白いと思いました。落語ではない、「語り芝居」を初めて見ました。面白かったです。

1/30のアンケートより

 今回もとても楽しませていただきました。後半の怒涛の展開に息を飲みました。とりあえず旅の男は助かったようでよかったです。凍えてなければいいですが(雪のやんだ後に川でぬれるのはかなり寒いはず……)。旦那さんはまさに不運……。幸せを楽に求めてはいけないという教えですね。次回も楽しみにしています。

1/30のアンケートより

 動きがリアルで、たまご酒を飲むシーンも本当に飲んでいるようでした。対話シーンもちゃんと2人で話しているようでスゴかったです! 導入から最後まで楽しめました。ありがとうございました!!

1/30のアンケートより

 吹雪や川の流れの効果音や石野さんの役の変わり具合がすばらしく、一人の人が演じ分けているとは思えないほどでした。本当に吹雪の中にいるようで、こっちまで少し寒くなるような気がしました。本当にありがとうございました。

1/30のアンケートより

 コラボメニューや作品の物語地図によって、より石野さんの演じる世界に入り込めることができたように感じます。次回も楽しみにしております。

1/31のアンケートより

 お酒飲むシーン最高でした。めちゃめちゃ飲みたくなりましたよ!

1/31のアンケートより

 いつも楽しいお芝居をありがとうございます。卵酒の飲む様子、熱い卵酒をふうふうしながら飲む様子も、固まった白身を指でかき出しながら飲むのも、とてもよかったです。お話も面白かったです。次回も楽しみにしています。

1/31のアンケートより

 前回の子別れがとても楽しく感動したので、今日がとても楽しみでした。今回のお話は途中どうなることかと思いきや、オチがダジャレというまさかの展開で、しかしこれはこれでとても楽しかったです。またの機会を楽しみにしています。ありがとうございました。

1/31のアンケートより

 お話の舞台が昔とあって、難しい表現や言葉があるかと少し心配になりましたが、間に分かりやすく説明や想像しやすい説明があって、ものすごく楽しめました(・ω・) 終始ずーっと笑っていました! 今日来て、本当に良かったと感じています!!

1/31のアンケートより

 情景を目に浮かべながら楽しませていただきました。長い時間の語り芝居すばらしかったです。ありがとうございました。

1/31のアンケートより

 月並で恐縮ですが、90分あっという間でした。言葉はもちろん、目の運びがとても素敵で、どんどん惹きこまれてしまいました。事あるごとに唱えていたお題目がまさかのオチ、笑いました。本当に楽しいお芝居、ありがとうございました。

1/31のアンケートより

 落語のリズムを保ちつつ、声優さん的な切りかえがあって、とても楽しかったです。声が突然大きくなる時は少しびっくりしましたが、それはそれで物語に帰ってくることができました。何度も笑わせていただきました。ありがとうございます。

1/31のアンケートより

 今までの公演内容とはまた一味違って、緊張感もあり、でも最後は爆笑しながら観ることができました。お熊さんの仕草が、何か考えているなと最初から勘ぐりながら観てしまいました。3人だけの登場人物でシンプルなのもいいですが、やっぱりたくさんのキャラクターが出ている話も大好きです。

1/31のアンケートより

 今回初めて石野さんの一人語りを拝見させていただきましたが、とても声と少しの動きだけで表しているとは思えない動きというか演技でした! とても楽しかったです! 特に卵酒を飲むシーンは本当に卵酒を飲んでいるようで、つい見入ってしまいました! 次回も期待してます!!

※ 以上敬称略  感想一覧にもどる

これまでの上演作品


脚本・演出・照明・音響:石野竜三

    1. 2017年6月3日~5日/於:鮨處 八千代・信濃町煉瓦館店/口上言い:小林優子/LinkIcon お客様の感想

脚本・演出・照明・音響:石野竜三

    1. 2012年7月1日/於:銀座・日曜音楽バー「銀座のノラの物語」
    2. 2013年4月19日~21日/於:鮨處 八千代・信濃町煉瓦館店
    3. 2013年11月1日・2日/於:高知 大丸本館・壱番街劇場
    4. 2017年3月19日/於:北海道・芽室町中央公民館/LinkIcon お客様の感想

脚本・演出・照明・音響:石野竜三

    1. 2017年1月28日~31日/於:創作中華酒房「幸宴」/LinkIcon お客様の感想

脚本・演出・照明・音響:石野竜三

    1. 2016年10月1日~4日/於:創作中華酒房「幸宴」/LinkIcon お客様の感想

脚本・演出・照明・音響:石野竜三

    1. 2016年6月4日~6日/於:鮨處 八千代・信濃町煉瓦館店/口上言い:ささきくみこ/LinkIcon お客様の感想
    2. 2016年6月18日〜20日/於:新潟・ましゅましゅ/口上言い:ささきくみこLinkIcon お客様の感想

脚本・演出・照明・音響:石野竜三

    1. 2016年2月6日~8日/於:創作中華酒房「幸宴」/口上言い:すなはらゆか/LinkIcon お客様の感想

脚本・演出・照明・音響:石野竜三

    1. 2015年9月26日~28日/於:鮨處 八千代・信濃町煉瓦館店/口上言い:川原伶奈/LinkIcon お客様の感想
    2. 2015年10月17日~19日/於:大阪・藝術中心◎カナリヤ条約/口上言い:久保田寛子/LinkIcon お客様の感想

脚本・演出・照明・音響:石野竜三

    1. 2015年5月30日~6月1日/於:鮨處 八千代・信濃町煉瓦館店/口上言い:水落幸子/LinkIcon お客様の感想
    2. 2015年6月20日~22日/於:大阪・藝術中心◎カナリヤ条約/口上言い:宮本円/LinkIcon お客様の感想

脚本・演出・照明・音響:石野竜三

    1. 2015年3月1・8・15・22・29日/於:Kōen cafe & bar style/LinkIcon お客様の感想

脚本・演出・照明・音響:石野竜三

    1. 2014年7月26日~28日/於:鮨處 八千代・信濃町煉瓦館店/口上言い:水落幸子
    2. 2015年1月10日~12日/於:大阪心斎橋・cafe Anamune/口上言い:佐治和也

脚本・演出:石野竜三

    1. 2014年3月30日/於:阿佐ケ谷・日曜音楽バー「アサガヤ ノラの物語」

脚本・演出・照明・音響:石野竜三

    1. 2013年12月28日~30日/於:鮨處 八千代・信濃町煉瓦館店

翻訳:大久保ゆう / 脚本・演出・映像効果:石野竜三

    1. 2013年9月22・29日/於:大久保・ぱぶ・あてれこ/共演:かないみか

脚本・演出・照明・音響:石野竜三

    1. 2013年6月2・9・16・23日/於:三鷹・Koen Cafe & Bar Style

脚本・演出:石野竜三

    1. 2013年3月10日/於:銀座・日曜音楽バー「銀座のノラの物語」

脚本・演出・照明・音響:石野竜三

    1. 2012年11月23日~25日/於:浅草橋・ギャラリー parabolica-bis
    2. 2013年7月26日~28日/於:大阪西心斎橋・cafe Anamune

演出・照明・音響:今野裕一 / 脚本:石野竜三・今野裕一

    1. 2012年6月9日、10日、15日~17日/於:浅草橋・ギャラリー  parabolica-bis
    2. 2012年8月25日26日/於:名古屋・ちくさ正文館イベントホール

脚本・演出・照明・音響:石野竜三

    1. 2011年11月5日/於:高知県立文学館
    2. 2012年5月18日/於:高知県・藁工倉庫内・カフェ&レストラン「土佐バル」
    3. 2012年10月6日~8日/於:鮨處 八千代・信濃町煉瓦館店

脚本・演出・照明・音響:石野竜三

    1. 2012年4月27日~29日/於:宇田川邸内・夢尋蔵